文化のズレ


現在は東京で過ごしている私だが、英語の方がラクに物事を言える私にとって日本語だらけの生活にはうんざりしていた。そんなところに日本に2ヶ月ほど滞在しているアメリカ人の女の子と仲良くなった。ここ最近はほぼ毎日と言っていいほど会っている。スケーターだから、他の日本人スケーターの女子と混ざって遊んだりも多々あって、そんな時は私が同時通訳していることがほとんど。とても頭を使うが、英語が恋しかった自分にとっては嬉しい機会だ。

アメリカ人と日本人の違いはもちろん言語だけでない。「文化」の違いのせいで、翻訳するのとさらに簡単な説明も入れないと理解できない話なんかも沢山ある。

ついこの間、アメリカ人の子と他4人の(英語はあまり得意ではない)日本人の子と話していた時にとても苦労したのがその文化の違いによるものだった。それも、私が小学6年生の時に行った林間学校での出来事をまず日本人の友達に話した後、同じストーリーを今度は英語で話すのはイージーだったが、それに加えて「林間学校とは」という説明をしなければいけなかったのだ。あの林間学校ならではの古い宿舎や微妙な食事、男女間のドキドキ感を特に理解して欲しかったが、私はそのミッションをクリアできなかった。

どれだけ母国語以外の言語を早くマスターできても、文化をマスターするにはそれ以上の時間がかかると私は感じた。旅行なら文化はただ触れて終わるだけ、まさにアメリカの文化を体に染み込ませたかった私が1年間のみの交換留学を選びたくなかった理由だ。できるだけ自分自身を「Less of a Japanese(日本人みを少なく、もっとグローバル)」に変えたかったというのもある。

アメリカ留学1年目の後半はすでに「言語」はクリアしていたが、アメリカ独自のヒューモア、「文化」を理解できずに悩んだ。彼らが大好きなのはサーカズム。皮肉に物事を言うので、素直な私はジョークだと気付かずに受け入れてしまい、言った本人の気を悪くさせてしまうことが多々あった。

記憶に残っているあるジョークがこれだ。

先生「サラは兄弟いるの?」
私 「日本に住んでる妹がいるよ」
先生「高校はここ来るの?」
私 「妹は保守的だから海外行きたくないんだってさ」
先生「うん、別にうちだって来てほしくないから」

この先生には高校3年間で何回も引っかかった(笑)冗談を言う3秒後までは本気なのか、ふざけているのか分からないからソワソワしてしまう。直後にスマイルがなければオワリ。

先日たまたま『英語を学ばなくていい将来はこない』という記事を見て、うなずきながらそのタブを閉じた。今の時代、Google翻訳があるから英語なんて勉強しなくていいんだ〜なんて呟いてる人を私はただ静かに見守る。

Sara Hirayama
2000年生まれ / ミニマリスト・ストリート・フォトグラファー / ライター&編集 / 元アメリカJK / スケーター / 日本の社会問題を英語で発信中(英単語レッスンも!):@toiletmagazine

中学卒業後、一人で渡米。オハイオ州の高校生アーティストが集まるコンテストで写真 Balloon(s) が最終審査で計12,000点の中からトップ300に選ばれる。寮生活の影響でミニマリスト化し、自身のアートも ”Less is more” というスタイルに。2019年には監督・脚本・撮影・編集を務めた短編映画を完成させる。2019年現在、とあるサッカーメディアの編集部でアルバイト、NEUT Magazineの編集部でインターンをしている。脚がアザだらけの新人スケーター。海外の人に日本の社会問題を知ってもらうためにToilet Magazineをゆるく更新中。



Website  : sarahirayama.com
Instagram : @sarahhirayama
   Twitter   : @sarahhirayama 
Youtube : Sara Hirayama

Comments